個人金融支援

信用金庫が行う個人向け
金融サービスをきめ細かくサポート

 預かり資産のスペシャリストを目指して、日々奮闘中

 近年、信用金庫を含む金融機関では、国の掲げる「貯蓄から資産形成へ」というスローガンを受け「個人のお客さまの安定的な資産形成」の実現と「顧客本位の業務運営の徹底」が求められています。
 個人金融支援部では、「投資信託」や「確定拠出年金」といった信用金庫が扱う預かり資産分野の態勢構築を支援するとともに、信用金庫が行う「相続業務」についても支援を行っています。
 私は、そのなかで信用金庫の投資信託の推進態勢を支援するグループに所属しています。具体的な業務は、預かり資産業務における人材育成を目的とした信用金庫職員向けの研修講師や、投資信託商品の採用から提供および販売態勢のコンサルティングなどです。
 さらに、現在は、信用金庫業界における預かり資産業務にかかる新システムである「しんきん預かり資産ナビ」の開発と信用金庫への提供も担当しています。これは、信用金庫のコンプライアンス態勢の強化や事務効率化に加え、営業力強化やアフターフォロー強化につなげることができるシステムです。2018年より本格導入した新しい取組みですが、より利便性の高いシステムになるよう、現在も機能拡充を進めています。

  

知識を積み上げ、業務の幅を広げる

 入庫3年目で当部に配属された時は、投資信託や投資信託を取り巻く市場環境の知識に乏しく、戸惑うことばかりでした。投資信託を販売するためには、金融商品取引法をはじめとする法令、金融庁や日本証券業協会から公表されるガイドライン、さらにシステム上の制約を理解している必要があります。日々、信用金庫の方から照会の電話をいただきますが、最初は何を質問されているのか分からないこともあり苦労しました。様々な資料を調べたり、証券六法を確認したり、周りの先輩方や、ときには他の信用金庫の方々から教えていただきながら、知識をつけていきました。現在では、実際に現場で預かり資産を販売する信用金庫職員の方向けに、商品の仕組みやセールス方法などをテーマにした研修の講師も担当させていただくようになりました。
 日々勉強して知識をつけることに面白みを感じますし、信用金庫の方から感謝の言葉をいただくととても嬉しく、やりがいを感じます。
 

信金中金のアピールポイント

 仕事の目的・使命がはっきりしているところかなと思います。信用金庫業界の中央金融機関として信用金庫の支援に携わる業務や、個別金融機関としてマーケット運用やコーポレートファイナンスに携わる業務と幅広い業務がありますが、それらすべては信用金庫業界を支えることを目的とし運営されています。

 

今後も信用金庫に寄り添って

 現在の業務は、信用金庫の方々と日々接することができる業務であり、私が信金中金に入庫するきっかけとなった、信用金庫支援という信金中金でしかできない業務だと感じています。信金中金には、様々な業務がありますが、私は信用金庫の方々とより近い位置で仕事ができる業務を続けていきたいと考えています。

 

休日の過ごし方

 仕事のオンとオフはしっかり分けたいので、毎週水曜日のノー残業デーや仕事を早く終えた日には、気の合う友人と食事に行ったり、社会人1年目から続けているヨガに行ったりします。休日には、近所のお店を開拓したり、観光地を訪れています。就職をきっかけに、地元を離れ、金沢や東京に住むことになり、各地の観光地やご当地の食べ物を発見することが楽しみになっています。
 

 
 

HOME | 職員紹介 | 個人金融支援