人材育成

人材育成・研修体系

 信用金庫の中央金融機関の職員として一人ひとりが果たす役割は大きく、その役割を十分に発揮できるだけのプロフェッショナルな人材を育成するため、信金中金では、各種研修制度や能力開発、キャリア形成支援の機会を提供しています。
 信金中金の各制度の特徴は、その大宗が社内公募形式で行われていること。つまりは、やる気のある職員が自らの手挙げによって、能力向上・スキル習得を図っていくということになります。このように信金中金では、職員自らの主体的な取り組みをバックアップし、チャレンジ精神の涵養を図る体制を整えているのです。

人材育成担当からのメッセージ

 信金中金は、信用金庫や大企業、巨大な金融市場といった金融のプロをお客さまとして取引を行っているため、若手職員もベテラン職員も、職員一人ひとりがプロフェッショナルであることが求められています。 
 そのため、学生の皆さんのなかには、“経済や金融について学んでいないけど大丈夫かな”などの不安をお持ちの方もいらっしゃるかも知れません。しかし、信金中金では、各種人材育成策を通じて『若手のうちから最前線で能力を発揮できる精鋭』の育成を実現しておりますので、心配ありません。
 信金中金は、“幅広いフィールドで信用金庫業界のために活躍したい!”、“金融のプロフェッショナルになりたい!”という期待に応える人材育成態勢を整備しています。信用金庫業界と地域の発展のために“Only1の使命”を果たしたいという強い志を持つ方をお待ちしております。

各種研修制度

新人研修(総合職)


新人研修
 
 入庫後すぐに行う「新入職員研修」では、金融の基礎知識やビジネススキルのほか、信金中金の業務内容や信用金庫業界に関する知識の習得を図ります。さらに、数か月後には、フォローアップ研修を実施し、入庫後の仕事の進め方を振り返るともに、さらなる業務遂行能力の向上を図っています。

 
 

新人研修(事務職)


新人研修

 総合職と同様に、事務職でも、入庫後すぐに「新入職員研修」を行います。そこでは、金融の基礎知識や信金中金の業務内容などに関する知識習得のほか、外部講師によるビジネスマナー研修を実施しています。
 数か月後にフォローアップ研修では、業務を通じて学んだ事務職職員に求められる役割の整理などを行います。

 
 

階層別研修


職能資格別研修

 新入職員研修のほか、総合職・事務職ともに、若手職員研修、中堅職員研修、新任管理職研修など、職員の年次や役職などの各階層に応じて求められるマインドやコンピテンシーの習得をはかる「職能資格別研修」を実施しています。 

 
 
 

社内トレーニー(業務研修・実務研修)


 
社内トレーニー(業務研修・実務研修)

 公募型の社内トレーニー制度として、特定の業務に関する専門知識・スキルについて、集合形式でケーススタディ等を通じて習得する「業務研修」や、特定の部署で数週間にわたる実務体験を通じて習得する「実務研修」を実施しています。研修のテーマは、融資や市場運用などの金融機関共通業務から、信用金庫コンサルティングなどの信金中金特有業務、さらには海外拠点トレーニーまで多岐にわたります。 

 
 

 
国内派遣研修・海外派遣研修(総合職)


国内派遣研修・海外派遣研修

 職員の能力のさらなる向上のため、国内外のビジネススクールなど社外への人材派遣にも積極的に取り組んでいます。これらの派遣者の決定にあたっては、主に社内公募制を採用しており、意欲ある職員が主体的にスキルや知識を習得できる体制を整えています。派遣された職員は、派遣先で得たハイレベルな専門知識や経験、人脈を駆使し、信金中金の第一線で活躍しています。
 
 
◆ビジネススクール・中小企業大学校への派遣研修
 MBA取得に向けた国内・海外の大学院(ビジネススクール)への 派遣や、中小企業診断士取得に向けた中小企業大学校への派遣を通じ、アカデミックで実用的な金融専門知識の習得を支援しています。
 
<海外MBA留学体験者について、より詳細に知りたい方はこちら!>
 
◆日本生産性本部経営アカデミー・異業種交流研修等への派遣研修
 経営戦略やマーケティング、クリティカルシンキングについて、長期間にわたって異業種の社員とともに体系的に学ぶ外部機関への派遣などを通じ、経営管理能力や専門スキルの養成を支援しています。

 

国内派遣研修(事務職ステップアップ研修)


国内派遣研修(事務職ステップアップ研修)

 事務職職員の人材育成策として、テーマパーク視察などを通じたホスピタリティサービスの体系理解や異業種の社員との交流を行う「事務職ステップアップ研修」を実施しています。この研修を通じて、事務職としてのプロ意識や、職場内での高い信頼の獲得に向けたマインドの醸成をはかり、中核的な存在となることを目指しています。 

 

信用金庫研修出向制度


 信金中金ならではの研修の1つに、「信用金庫研修出向制度」があります。若手職員が一定期間(3~6か月程度)、信用金庫に出向し、地域のお客様の視点に立って、営業や融資などといった信用金庫の実務を経験する研修制度です。この研修を通じ、若手職員が信用金庫の現場を知り、信用金庫の業務に対する理解を深めることで、信用金庫業界の一員としての意識を醸成するとともに、研修出向で得た経験を今後の信金中金での業務に活かすことを目的として実施しています。

資格取得等の自己啓発支援


 証券アナリストや中小企業診断士、銀行業務検定などの資格取得や、業務関連知識の習得に向けた通信講座の受講を積極的に推進しています。新入職員から管理職まで幅広い階層の職員が、毎年新たに資格を取得するなか、一定の資格については、受験料の補助や奨励金の支給を行うなど、職員の能力開発に向け、充実した自己啓発支援制度を設けています。

海外派遣研修(海外MBA留学)体験談

留学を志望した経緯は?

 信金中金は、資産約38兆円を有する国内有数の機関投資家で、国内はもちろん海外の資産にも広く投資を行っていますが、年々新たな金融商品が開発され投資対象が拡大する中で、高度な分析や金融規制への対応も随時求められてきています。
 日本では学ぶことが難しい不動産やプライベートエクイティといった非伝統的金融資産に関する理論を習得して、投資案件の分析を深化させるとともに、金融の本場である米国において、最先端の金融理論や話題となっている金融経済トピックス、金融規制動向に触れるため、MBAを目指しました。


留学中は、どのように過ごしてきましたか?

 留学中は、忙しくも充実した学生生活を送りました。日中は、講義だけでなくグループワークや大学で開催される金融フォーラムにも参加し、夜は日付が変わるまで予習と宿題に取り組むような毎日です。グループワークが終わったのが午前3時になったこともありました。それでも、金融学術雑誌の編集長や元FRBのエコノミストといった教授陣はもちろん、プライベートエクイティのファンドマネージャーからベンチャー起業家まで、多士済々のクラスメートと切磋琢磨しながら学んだ経験は、教科書では決して得られないものでした。勉強以外では、他の日本人クラスメートと共同で日本文化を体験してもらう新年会を開催して信用金庫取引先の日本酒を振る舞い、国際的な日本食ファンの増加に努めました。


留学を終えての感想および留学で得た知識や経験を、
今後どのように活かしていきたいですか?

 留学では、理論の習得だけでなくケーススタディを通じた実務的な応用力、多様な観点をまとめる対外折衝やマネジメント能力も高めることができ、当初の目的以上の手ごたえを感じています。また、留学中に会った米国投資銀行の経営者からは、金融市場の緻密な分析と大胆な戦略、迅速な意思決定の一端を垣間見ることができ、大きな刺激になりました。
 現在は市場運用部で、グローバルな企業や金融機関が発行した社債に投資する業務に携わっています。投資判断において、ケーススタディを生かした投資先の財務分析のみならず、世界中にいるクラスメートを通じて、各国情勢や最新のビジネス潮流、金融規制動向にアンテナを高く張り、価格と価値の差異を見極めるようにしています。また、ダイバーシティの中で培った対外折衝力は、リターン向上のために新商品へ投資を実施する際に、多岐に亘る社内の関連部門をまとめ上げるのに役立っています。今後とも、リターンとリスクを冷静に分析しながら、バランスの取れた信金中金の有価証券ポートフォリオの構築に貢献していきたいと思っています。


最後に、就職活動中の学生に
メッセージをお願いします

 信金中金には、MBA留学のような研修の機会が豊富に用意されているだけでなく、少数精鋭ゆえに勉強熱心な職員が多く、若手職員による自主勉強会が開催されることもあります。まさに、Only1の使命を体現するため、若いうちから実力を伸ばす機会があると言えます。
 就職活動は、数多くの業界や企業を見る絶好の機会ですので、可能な限り多くの企業と社員に会うことをお勧めします。その中でOnly1の使命に共感し、信金中金を選んで頂ければ幸いです。

MBA研修
 

 
MBA研修
 

[ 市場運用部 ]

調査役 2009年入庫 経済学部卒

 

HOME | 人材育成