信金中金について

信金中金とは

 信金中央金庫(略称:信金中金)は、信用金庫の出資によって設立された協同組織の金融機関であり、全国の信用金庫を会員とする「信用金庫のセントラルバンク」です。
 全国の信用金庫は、預金残高137兆円を擁するとともに、北は北海道から、南は九州・沖縄まで、全国津々浦々に約7,300店舗を有するネットワークを形成しています。
 私たち信金中金は、信用金庫業界の発展のために、信用金庫のセントラルバンクとして、そして、資金量32兆円を擁する国内有数の機関投資家として、業界を導き支えるという大きな役割を果たしています。

信金中金の資金量および信用金庫の預金量などの状況
(2018年3月末現在)
企業概要

創立

1950年6月1日

事業内容

資金調達・・・預金業務、債券(金融債)業務

資産運用・・・市場運用業務、融資業務

信用金庫の業務機能の補完・・・市場関連業務、決済業務、情報提供等

信用金庫業界の信用力の維持・向上・・・信用金庫の経営分析、信用金庫に対する経営相談・資本増強など

店舗所在地

本 店/〒103-0028 東京都中央区八重洲1丁目3番7号

【TEL】03-5202-7711(代)

国内支店/札幌、仙台、金沢、静岡、名古屋、大阪、神戸、岡山、広島、高松、福岡、熊本 この他に国内21か所に分室を設置

海外拠点/ニューヨーク、香港、上海、バンコク、ロンドン(証券子会社)

役職員数

1,202人(うち常勤役員13人)

総資産

38兆5,527億円

出資金

6,909億円(うち優先出資金909億円)

純資産

1兆6,030億円

自己資本比率

30.57%(国内基準:連結)

会員数

261信用金庫

証券コード

8421(東京証券取引所上場)

(2018年3月末現在)
経営理念
信用金庫の中央金融機関として、信用金庫業界の発展につとめ、もってわが国経済社会の繁栄に貢献する。

 

拠点網
信金中金の拠点

■ グループ企業

証券業務 投資・M&A仲介業務

しんきん証券(株)

信金インターナショナル(株)
信金キャピタル(株)

地方銀行データ

処理の受託業務等 

しんきんアセットマネジメント投信(株)

(株)しんきん情報システムセンター

消費者信用保証業務 

 事務処理の受託業務

信金ギャランティ(株)

信金中金ビジネス(株)

(2018年3月末現在)
 

■ 信用金庫業界関係機関

全国信用金庫協会

しんきん共同センター しんきん保証基金

全国信用金庫厚生年金基金

全国信用金庫連合企業年金基金

 

信用金庫とは

 信用金庫は、限られた地域を事業地区とする「地域性」、地域の中小企業を主な取引対象とする「中小企業専門性」、非営利・相互扶助を基本理念として会員に対して金融サービスを提供する「協同組織性」の3つの特性を併せ持っています。
 中小企業や地域住民のため、預金、融資、為替、投資信託・保険の窓販など、銀行と同様の金融サービスを提供することで、会員、利用者ならびに地域のニーズに応えています。
 お客さまから預けられた預金の残高は137兆円に達するなど、金融業界の中でも大変重要な地位を占めています。
 

■ 信用金庫のビジョン

信用金庫の3つのビジョン




 信用金庫は、相互扶助・非営利を基本理念として、会員(※)をはじめとする利用者の皆さまや地域のニーズに応えることを経営の基本としており、その社会的使命・役割の達成に向けて、①中小企業の健全な発展、②豊かな国民生活の実現、③地域社会繁栄への奉仕、という3つのビジョンを掲げています。
※信用金庫は中小企業金融の専門機関として位置付けられており、信用金庫の会員資格は、法律で従業員300人以下または資本金9億円以下の事業者と個人と定められています。

■ 預金・貸出金残高の業態別比較

(単位:兆円)

  預金 貸出金

都市銀行

356  187

地方銀行

261 200

信用金庫

 140    70 

農 協

 101 20

第二地銀

 66  52

信用組合

 20  10

労働金庫

 19  12

(2018年3月末現在)

(出所)都市銀行、地方銀行、第二地銀:全国銀行協会「全国銀行預金・貸出金等速報」
農協:農林中央金庫「全国JA貯金・貸出金残高速報」/ 信用組合:全国信用組合中央協会「全国信用組合 主要勘定」/ 労働金庫:全国労働金庫協会「全国労働金庫預金・貸出金残高」

HOME | 信金中金について